クレイじいさんの言

HOMEへ戻る
呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉

  呉ソフトの でございます。(還暦をとうに過ぎたプログラマ)
www.kuresoft.net のくれいじいさんコーナーもよろしく。こちらはブッチャケ噺です。

2019年9月01日
○ファーストクイーンスマホ版3年経ちましたが、コンスタントに遊んでいただいているようです。
スマホ版はUNITYというゲーム開発システムで作られていますが、アプリの稼働状況がUNITYで把握できる作りになっていて、その仕組みを利用しているアプリがランキングされてます。
ファーストクイーンTは8月に1位で入ってまして、3年経ったとは言え、ユーザーさんが楽しんでくださっている事は誠にありがたい事であります!

では、私はこの3年間なにをやっていたかというと、ボチボチプログラマやってました。
ホントに仕事が遅くなりました! 以前1日の仕事が1週間かかる感じです。
途中で、お手伝い仕事も入りましたが、これは遅くなってはマズイので、なんとか人並みの速度でやったと思ってます。

なんだかんだとボーっとして一年が経ちました。
スマホ版で心残りだったのが、PC版では当たり前だった、マウスクリックによる移動、スマホではタッチによる移動が出来ていない事です。
何が問題かというと、マップの外側に行こうとすれば、マップの外側をタップしなければいけないわけですが、タッチではそんな微妙な動作ができないわけです!

「マップの外側を黒で表示すればいいジャン」
ある日突然でした。枕元にバグが立ったのです。虫の知らせであります!
あ、そっか、と起き上がり、プログラムを眺め直して3時間。基本仕様の変更ができました。
プログラムの変更はそんなモンですが、実際に検証しながら問題を修正するのは大変です。
全部一人でやってますので、デバッグしつつ直しつつであります。
数か月が経ちました。そうこうしているうちにUNITYのバグで起きていた障害もUNITYさんのバージョンアップで解消され、めでたくバージョンアップが出来ました!
この変更がなければ、すでにユーザーさんが消えていたかもしれません。

さて、折角頑張ったファーストクイーンTのスマホ版なので、もう一工夫してPCで出そうかと思い(ヒマなので)UNITYのままウインドウズ版を作ろうか、ウインドウズ専用のプログラムを作ろうか考えました。
結果、ウインドウズ専用のプログラムの方がいろいろ対応しやすいのではないかって事で、ウインドウズプログラムをたたき始めました。
これは甘かったです! BGMやビデオ表示など、ウインドウズの環境も自分が離れている間に大きく変わってしまったのです!
プログラマの「浦島効果」と言われていますが、世間から置いてけ堀をくらっていたのです。
コツコツやりました。なにせ時間はあります。やってできない事はないです。
(「うまくできる」かは置いておきます)
手持ちの素材を使ってやれる事は目一杯やるって事で、横2K対応の広い画面で二部隊戦にして、ゲームバランスをやり直しました。
二部隊戦という事で、スマホ版とも違ったゲームになったと思います。

ただ、日本ではPCゲームといえば3DぐりぐりのEスポーツとかいうゲームになってしまったようで、レトロゲーム屋としては仕事になりません。
まあ、30年以上前のゲームが少しでも延命できれば「ホンモウ」です。
開発者としては、一生懸命戦っているキャラ達が愛おしく、ゴチャキャラは今でも面白いと思ってます!


呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉呉


◆HOMEに戻る◆